Categories :

なぜコーディングを学ぶ必要があるのですか?

Ajin:デミヒューマンクリエイティブ:なぜコーディングを学ぶ必要があるのですか?

過去数年間、コーディングはオタクやオタクの趣味と見なされていました。あなたがプログラミングのバックグラウンドを持っているなら、人々はあなたを地下室で過ごし、コードで遊んだり、防犯カメラをハッキングしたりする人だと想像します。プログラミングの基礎を学ぶには天才でなければならないという神話もありますが、これは必ずしもすべての人に当てはまるとは限りません。

しかし、年月が経つにつれて、コーディングはより受け入れられ、需要が高まるようになりました。これは、雇用主が仕事に適した候補者を選ぶときに探す重要なスキルの1つです。コーディングの方法を学ぶことで、仲間よりも競争上の優位性が得られ、新しい機会を見つけるのに役立ちます。

所属する業界に関係なく、コーディングは何らかの形で不可欠です。今日すぐにコーディングの方法を学ぶ必要がある理由は次のとおりです。

競争力のある給与

充実した道を提供することに加えて、コーディングとプログラミングのキャリアは競争力のある給与を提供します。たとえば、Web開発者の場合、平均給与は73,000米ドルになります。また、ソフトウェアの開発に長けている場合は、年間107,510米ドルを稼ぐ可能性が高くなります。 

なぜ技術専門家に十分な報酬が支払われるのか疑問に思ったことがあるなら、それは仕事がやりがいがあり、難しいからです。これが、コーディングの方法を早く学ぶほど良い理由です。その上、ハイテク業界で働くことはあなたが情熱的な専門家に会うことを意味します!

問題解決スキルを向上させる

コーディングの利点の1つは、問題解決へのアプローチを変えることです。それは、いくつかのリスクをもたらすあなたの感情だけに依存するのではなく、論理で物事を見る方法をあなたに教えます。コーディングの方法を知っていると、全体像と、それをより小さなタスクに分割する方法がわかり始めます。

問題を論理的に解決する能力は、あなたの人生の多くの分野であなたを助けることができます。あなたがあなたのキャリアの中で離婚または対立を経験しているかどうかにかかわらず、あなたは簡単にハードルを克服することができます。コーディングはコンピューターの画面やアプリケーションを超えているので、それを最大限に活用するようにしてください。

コーディングはどこでも使用できます

コーディングは高度に技術的な専門家の仕事専用であるという一般的な誤解があります。プログラミングまたはITの学歴を持つ人だけがコーディングする権利を持っています。ただし、これは完全に真実ではありません。

コーディングは、マーケティング、ビジネス、教育などの非コーディング分野でも使用できます。たとえば、ビジネスオーナーの場合、Pythonなどのプログラミング言語を広告に使用できます。これは、特にあなたのビジネスが新興企業である場合、長期的には多くのお金を節約するのに役立ちます。

さらに、コーディングの基礎を習得するために、技術の天才である必要はありません。あなたが学ぶ意欲と献身を持っている限り、あなたは将来山を動かす準備ができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。